Kimono wedding

風習とは

選びやすくなったギフト

出産内祝いは、子宝に恵まれた幸せのおすそわけというもので、古くからおこなわれている日本の習慣です。本来は、お祝いをもらったからお返しをするというものではなく、喜びををわかちあいたい人たちに差し上げるものだったのです。そのため、赤ちゃんのお披露目もかねて、命名札を添えて出産内祝いを渡します。最近は出産内祝いにあげるギフトの種類や商品が豊富になってきました。ギフトを選択する時、何をあげると喜ばれるのか考えるため購入に迷うことがあります。そんな悩みを解消できるのがカタログギフトです。カタログギフトはカタログにある商品であれば好きなものを選択して内祝いを受け取ることができます。また、通販サイトではカタログギフト以外にもテーブルウェアやブランド品など貰った祝い金に見合う商品を自由に選択することができます。

お返しの相場

出産内祝いの昔と今を比べると、渡すタイミングもそうですが、内容にも変化が見られます。昔の出産内祝いは、縁起がいいものには縁起物をとだいたい決まったものを渡す風習がありました。しかし現在の傾向として、みんなで分けることのできるお菓子の詰め合わせやコーヒの詰め合わせ、タオルやカップセットなど内容もバラエティに富んでいます。また出産内祝いの相場も、いただいた金額の3分の1から2分の1のものを選ぶのが一般的なようです。しかし最近では、相場よりも少なくなってしまってもマナー違反とはとられないようです。祝い金の金額がわからないという場合は、商品にこだわることなく全て統一して贈っても問題はないのです。丁寧に出産内祝いを選び気持ちを伝える方法から、相手がもらってうれしいものを相手に選んでもらう気持ちの伝え方に時代とともに変わっていくのだと容易に予測できるのです。