Kimono wedding

電報について

結婚式に電報が届くと新郎新婦は喜びます

親族や友人、会社の同僚や後輩の結婚式に招待されたというのに、残念ながら出席できないということも人生の中ではあるものです。そんな時、新郎新婦に贈り物を贈ることでお祝いの気持ちを伝えることが多いでしょう。しかし、意外に結婚式にもらってうれしい贈り物が電報なのです。電報というと、ほんの数千円というとてもシンプルなものなのですが、だれから電報が届くのかなんて結婚式が始まってみなければわからないので、電報は結婚式の中でかなりサプライズ的な贈り物となります。まさかこの人から電報を贈ってもらえるなんて、と新郎新婦の喜びはとても大きくなるのです。それまでもよき友人だったのが、結婚式に電報を贈ることによってさらによい付き合いができるのです。

どうやって祝電を送ったらよいか

それでは親族や友人の結婚式に電報を贈る方法を紹介します。まず電報を受け付けてくれるところに電話をします。それから自分がどういった電報を贈りたいのかオペレータに話します。結婚式のための祝電といえば、わかってもらえます。それから新郎新婦の名前、結婚式場の住所や電話番号などを伝えます。次にどのような祝電にするか選びます。祝電にもいろいろな種類があるのです。七宝焼きがついているもの、刺繍がついているもの、手書きできるもの、ぬいぐるみがついているものなどです。自分がよいと思ったものであればどれでも大丈夫です。それぞれに金額が違うので予算を最初に作っておくと選びやすいでしょう。このようにして結婚式のための祝電を申し込むことができます。とても簡単なのでぜひ使ってみてはいかがですか。